1959年設立の社会人山岳会です。京都府山岳連盟加盟。入会受付中。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[No.3365]落下テスト 落合の岩場

「一度、クライミング中に落下する練習がしたいですね」という話を前々からしていて、それではせっかくなので例会として実施しようということになった。
ochiai01.jpeg
スポンサーサイト
Genre : スポーツ 登山

[NO.3352]濁河温泉はもずしアイスクライミング

濁河温泉のはもずしのエリアにアイスで登れる氷柱のエリアがあると聞くのででかけることとした。事前に丸山さんだか上坂さんだかからは,アプローチで敗退の可能性も,と聞かされていたが,本当に大変なアプローチだった。
2


動画

Genre : スポーツ 登山

[No.3346] 黄蓮谷→八ヶ岳アイスクライミング

yatsugatake06_20140114162043648.jpg

大同心大滝50mの真ん中のルートは前のパーティが登っており,左のルートを登ってトップロープをかけることになった


動画
Genre : スポーツ 登山

No.3339] 御在所岳 前尾根 マルチピッチクライミング練習

以前の記憶では緊張した場所や高度感を感じた場所があったのですが、今回のぼってみるとどこだったのか今いち分からなく、この1年いろいろな経験を積ませていただいたなーと思いながら楽しく登らせていただきました。
gozaisho01.jpg
Genre : スポーツ 登山

[No.3324] 錫杖岳 「左方カンテ」と「見張り塔からずっと」

自分は、本格的なマルチピッチクライミングの経験というものが無い。
はじめは誰か会外の経験者にお願いして、その人に連れて行ってもらおうかと考えていた。
しかし何となくそれでは後に何も残らないような気がして、会の例会として一度募集をかけてみることにした。
syaku1.jpg
Genre : スポーツ 登山

[個人山行]剱岳(のための)岩特訓 第1回

【練習内容】
Y懸尾根の取り付きから1ピッチ・2ピッチにて、トップロープでスタティック(静的)なバランス・クライミングとクライムダウンの練習(ザックを背負い、登山靴を履いて)。
Y懸尾根の取り付きにてビレイの練習(奥野)
Genre : スポーツ 登山

[NO.3277]八ヶ岳アイスクライミング

去年は「おっかねえ〜」としか思わなかった南沢大滝が登れ、たいへん満足しました。

yatsugatake02_20130327230755.jpg

Genre : スポーツ 登山

[No.3274] 御在所アイスクライミング

今期2回目の藤内沢でのアイスだった。去年に比べて氷の付き具合はいまいち。一部はしっかりバイルが刺さるが,バイルもアイゼンもささらず,ぐずぐずに崩れる状態の氷もあって怖いクライミングとなった。

gozaisyo okumata 01
Genre : スポーツ 登山

[No.3271] 御在所アイスクライミング

前週の気温上昇でだいぶ溶けてしまったと聞いており心配していましたが、予定通り3ルンゼで登れました。
裏道上部より菰野をバックに

裏道上部より菰野をバックに
Genre : スポーツ 登山

[№3248] 金比羅ロープワーク勉強会 レスキュー編改め基礎技術編

取りつき前の基礎的な説明でも、何気なくやっている動作、器具の使用方法にも意味があるということを再認識しました。
konpi2.jpg
Genre : スポーツ 登山

[No.3207] 金毘羅ロープワーク&懸垂下降トレ *岩登りポイント

金毘羅例会、とても楽しかったです。
ロープをつないで登ること、懸垂下降、自然の岩でのクライミング、初めて体験することばかりでした。もともと、岩には興味はあったのですが、まさか自分がヘルメットを被って山に登るとは思っていませんでしたが、被って登ってしまいました。
201207KONPIRA1.jpg

Genre : スポーツ 登山

[No.3190] 金毘羅アイゼントレを中止して大阪クラックスへ

ロープを使ったクライミングは初めての川嶋さんにエイトノットを教えて早速5.8,5.9のルートを登った。川嶋さんは最初はトップロープで登ったが,すぐにリードをされていた。クリップもスムーズで初めてとは思えないほどだった。
ok1.jpg
Genre : スポーツ 登山

[NO.3168]冬合宿八ヶ岳アイスクライミング

今期初のアイスだったが,新しく買ったアイスバイルのノミックと前からもっている縦爪アイゼンM10がアイスによく刺さり気持ちよく登れた。
ナイアガラの滝にて

ナイアガラの滝にて
Genre : スポーツ 登山

[No.3121]北小松の岩場 クライミング

素晴らしい眺めの岩場で、天気もよく最高でした。初めてクライミングシューズをはいて外岩を登った緊張からか、暑さのためか、心地よく疲れました
北小松3

[No3099]金比羅アイゼントレ(岩ポイント)

槍へ向けたアイゼントレと思っていたが,特にアイゼンを義務づけなかったところ,総勢14人の岩登り例会となった。はじめてハーネスをつける人もおり,今回は3つのロープパーティに別れて中間の人は登高器で登るパターンとした。
20110417金毘羅3
懸垂下降する小泉
Genre : スポーツ 登山

個人山行] 金比羅 アイゼン登攀訓練

酒井さんより、「どこか行くなら声かけてください」とメールをいただいたので、ではということで金比羅へアイゼントレにお誘いすると、行きましょうとのお返事が返ってきた。

0327konpira1.jpg
Genre : スポーツ 登山

[個人山行] 堂満岳 ルンゼ中央稜

こんな近場に、これ程アルパインクライミングのムードを漂わせたルートがあるとは意外であり、短いながらもなかなか充実感の味わえるルートだった。

domancu1.jpg
Genre : スポーツ 登山

[例会No3090] 金比羅アイゼントレ-岩登りポイント-

晴天の晴れのもと,八ヶ岳,槍ヶ岳をにらんでアイゼントレに出かけました。
 Y懸尾根のとりつきで,エイトノット,インクノット,ブーリンなどの基本的なロープの結び方のおさらいをした後,アイゼンで,要所を確保してY懸の頭へ登りました。四方会長の昔ながらの技術を披露してもらいながら,気分よく登りました。
201103konpira3.jpg
Genre : スポーツ 登山

[例会№3068] 「金毘羅アイゼントレ」

年末の槍が岳の準備山行として設定しましたが、槍が岳参加希望の4名以外に新人を含む4名の参加があり、にぎやかに練習できました。岩もアイゼンも初めてという辻さんも、アイゼン初めての酒井さんも軽々サクサク登っておられました

2010akizen1.jpg

[北尾根に取り付く丸山リーダー]
Genre : スポーツ 登山

[個人山行] 金比羅の岩場 ホワイトチムニー クライミング

201011konpi3.jpg

帰りは向さんの華麗なオープンカーで、家まで送っていただきました。
Genre : スポーツ 登山

岳連クライミング講習会報告  「比良大岩谷天狗岩」

南壁のZ字ルート(40mⅤ級+?)、中央下部のスラブ(20mⅣ級くらいか)の3本を登りましたが、落ちそうな所はペツルが打ってあり、ホンチャンぽい面白い岩場でした。

20100926gakuren2.jpg
(南壁Zルート核心部をリードする丸山 ※非ビレイヤーが撮影)
Genre : スポーツ 登山

No.3045B  登攀練習 御在所速攻

一壁は貸し切り状態であったが、前尾根取り付きでは2パーティーほどが先に来ていて順番待ち。先のパーティーが通過してから、上坂リードで登攀を開始する。(ダブルロープ)
20100925-2.jpg
(一の壁を登攀する本田)
Genre : スポーツ 登山

№3036  「穂高バリエーションクライミング」 

三度目の前穂北尾根例会ということで、新しみが無いと思われそうですが、40歳を契機に比良山岳会に入会してちょうど10年目、その40代最後の例会リーダーということで、自分としては色々な意味で記念すべき山行となりました。
2010_0808maehokitaone0111.jpg
前穂高岳山頂にて
Genre : スポーツ 登山

個人山行報告  「御在所岩登りトレーニング」

P3を過ぎて、今回の目玉のヤグラの取りつきへ。出だしのクラックの使い方と最後のチョックストーンの乗り越しが難しいですが、クライミングらしいピッチでしめくくって前壁ルンゼから下山しました
1007gozaissho.jpg
P2ヤグラにて
Genre : スポーツ 登山

例会№ 3030「金毘羅クライミング」  (雨天のためパンプ大阪に変更)

例会№ 3030「金毘羅クライミング
 (雨天のためパンプ大阪に変更) 2010年7月11日(日)
【参加者】 
CL丸山 弘、米山佳秀、 向 昌宏
計3名
【天候】曇り時々雨 気温30度
【行程】 8時山科駅集合 
9時30分 パンプ大阪着

【CL所感】 43期 丸山 弘
 土曜日は好天でしたが、残念ながら日曜は朝から雨模様。一応金毘羅の準備をして集合してから空模様で判断し、パンプ大阪へ向かいました。普段クラックスでのボルダーは頻繁に練習しています(向さんは年会員になったとか。最近当会の若手は熱心に練習してめきめき腕を挙げています。)が、ロープを使ったルートクライミングはなかなか練習できないので、雨なりに有意義に過ごせました。向さんは10a・10bをリードし、米山さんもトップロープながら10台のルートに粘り強く取りついておられました。
私のフォール時のアクシデント(10cの斜上のムーブの終了点でスリップしての降られ落ち)でびっくりさせましたが、フォール当然のインドアでもやはりリードにはそれなりの危険があります。他山の石としていただければと思います。私自身も、やさしい部分でも雑にならないようにと反省しています。
今回は天気も裏目でしたが、また懲りずにクライミング例会を企画しますのでどうぞご参加ください。
プロフィール

kyotohira

Author:kyotohira
山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングから、アルプス縦走、沢登り、岩登り、植物観察、山スキー、トレイルランニングなどオールラウンドに楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。