1959年設立の社会人山岳会です。京都府山岳連盟加盟。入会受付中。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[個人山行] GWの八峰キレット(敗退記)

kashimayari 01
スポンサーサイト
Genre : スポーツ 登山

[NO。3198] 沢登り 南紀の沢 栂谷

ヤケベ岩前の斜瀑は本当に美しかったですし、私が沢を始めて以来、最長(10mくらい)のウォータースライダーもできて、楽しい遡行となりました。

栂谷2
写真:ヤケベ岩前の斜瀑にて

※ウォータースライダーの様子(動画)

※YouTube
栂沢沢登りウォータースライダー
Tag : 沢登り 
Genre : スポーツ 登山

[No.3197] ゴールデンウィーク(GW)の槍ヶ岳へ 合宿ポイント

3時間30分ほどで肩の小屋に到着した。一休みして槍の穂先へ。穂先へはいやらしく雪がついてて,雪が緩んだら危なそうだ。
槍頂上
Genre : スポーツ 登山

[個人山行] 銚子ヶ峰・野伏ヶ岳

両白山地には登山道のない山が多い。日本三百名山に数えられる野伏ヶ岳(のぶせがたけ・1,674m)もその一つだ。今回は石徹白(いとしろ)を起点に白山美濃禅定道(石徹白道)の銚子ヶ峰から福井岐阜の県境尾根に入り願教寺山、薙刀山を経由し石徹白川を取り巻くように周回縦走を行った。
H240427野伏ヶ岳3
写真: 野伏ヶ岳、薙刀山、日岸山、よも太郎山(銚子ヶ峰より)
Genre : スポーツ 登山

[個人山行] 関西百名山シリーズNo65~67  室生火山群コテージ泊(学能堂山・倶留尊山・古光山)

奈良県御杖村・曽爾村辺りは太古の火山地帯であった。サンビレッジ曽爾のコテージに泊まり、関西百名山の3座、学能堂山(がくのどうやま)、倶留尊山(くろそやま)、古光山(こごうやま)を巡った。

20120414室生火山群1

4/14学能堂山頂にて
Genre : スポーツ 登山

[No 3193] 笈ヶ岳(おいづるがたけ)~200名山のうち最難関といわれている山へ~ 

2日目の笈ヶ岳アタックは、晴天に恵まれて、早朝の出発で雪面も締まっていていい感じで歩くことができました。白山を始め、加越山地の山々がぐるりと見渡せ、さらには白馬、剱、立山、薬師、槍、穂高、乗鞍、御嶽など北アルプスの山々も眺望でき、素晴らしい景色を堪能することがでました。
oizuru3.jpg

写真:白山をバックに
Genre : スポーツ 登山

〔個人山行〕 パルチャモ(6,273m)登頂報告(10)

〔個人山行〕 パルチャモ(6,273m)登頂報告(10)

4月30日 モンジョ~ルクラ

8:00 モンジョ発、 14:30 ルクラ着
ルクラでは往路のロッジに泊まった。ルクラを写真で紹介してみたい。

pa101.jpg
 カーペットを洗っている娘たち

pa102.jpg
 ルクラで出合った小学生の兄弟

pa103.jpg
 店番の子供


私の1ヶ月に渡るたびも終わりに近づいた。ここで食べ物その他について書いておく。

ネパールでの食べ物事情
ロッジで移動中の3食は全員で以下のようなものを数点注文し、シェアーして食べていた。美味しいと思うものは少なかった。
①カリー(ベジタブル、チキン、マトンなど)、②モモ(ネパール風餃子)、③ナン、④チャパテイ、⑤食パン(硬い)、⑥うどん(乾麺)、⑦スパゲテイ、⑧焼そば(フライドヌードル)、⑨焼き飯(フライドライス)、⑩ジャガイモ(ボイルド、フライド)⑪ピザ

副食としては①野菜煮、②オムレツ、③ゆで卵、④目玉焼き、
ベジタブルスープもよくオーダーしたが後半は日本から持参した味噌汁、スープを多用した。

移動中の飲み物
3食ともお茶はつき物である。3種あり①ミルクテイー、②レモンテイー、③ブラックテイー(これは何も入れない紅茶)。ホットレモン、ビール、ウイスキーなど。

チャチャンペンバ
チャ:チベットのバター茶、チャン:米から作ったお酒(日本酒に近い)、
お茶と酒を一緒に飲むことは最高の喜びと云うチベットの言葉で、同行したシェルパ頭に尋ねてみると全くそのとおりの訳で良いとのことであった。

チベットの地酒としては前に紹介したトンバ(粟より作る)とチャンとロキシー(チャンを蒸留したもの)がある。旅行者はあまり口にしないがシェルパやポーターはこれを好んでいる(値段も安い)ようである。

前後してパルチャモに入った人達は?
①我々より先行していた倉敷隊の敗退については記した。②我々より後に入り追い越して行ったドイツ人(単独、シェルパポーター付)は簡単に登頂し降りてきた、③我々と同時進行の法政大学OB会(5人、平均年齢は70才?)は2人がサミット、3人は敗退、④我々の後に入った大阪の夫婦はテシラプチャ峠で敗退、などで我々は天候にも恵まれラッキーであったといえる。

5月1日 ルクラ~カトマンズ
5月2日 カとマンズ
5月3日 カトマンズ~ポカラ(バスで7時間、1,600円)
5月4日 ポカラ~カトマンズ(飛行機で27分、8,000円)
5月4日~6日 カトマンズ
5月7日 カトマンズ発
5月8日 帰国 


帰国して丁度1ヶ月が過ぎた今、この山旅を思い出してみるとアタックで頂上に向かい苦しかったことや多少不満に思ったことなどは徐々に忘れて楽しかったことを鮮明に覚えている。人の記憶はつくづくよくしたものだと思いながら登頂記を書き終えることができた。

(了) 

(パルチャモ トップページに戻る)




Genre : スポーツ 登山

〔個人山行〕パルチャモ(6,273m)登頂報告 (1)(2)

京都岳連でパルチャモへと耳にしたのは一昨年の秋であった。26歳の時カラコルムに向かったが、準備不足やパキスタンの政変に会い7,000m峰登頂は叶わなかった。それから43年、その間に中国、ボルネオ、台湾、中朝国境などの山で海外登山の欲求を晴らしていたが、何か物足りないものがありこの計画には飛びついた。
pa1.jpg
Genre : スポーツ 登山

[No.3191] ぐるっと琵琶湖RUN NO.5 湖東中部 近江八幡~河瀬

雨が上がりまずまずの天候で長命寺橋からスタート長命寺山を巻く湖畔の道はなだらかな登り、桜の木が沢山あるが残念ながらまだ蕾だった。下りにかかると沖島が見える。

bi1.jpg
長浜方面に走り去る一子さん

[個人山行] 関西百名山シリーズNo.64  福寿草を求めて御池岳

御池岳は鈴鹿山脈の最高峰、北の要の山である。なだらかな山頂域を備えた山は真っ白に雪が覆い、前日の寒冷前線の通過で季節外れの新雪を踏み、時折吹雪が襲う天候に福寿草は未だ雪の下に眠っていた。
20120401御池岳1

写真1: 御池岳山頂にて
Genre : スポーツ 登山
プロフィール

kyotohira

Author:kyotohira
山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングから、アルプス縦走、沢登り、岩登り、植物観察、山スキー、トレイルランニングなどオールラウンドに楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。