FC2ブログ
1959年設立の社会人山岳会です。京都府山岳連盟加盟。入会受付中。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.3339] 御在所岳 前尾根 マルチピッチクライミング練習

以前の記憶では緊張した場所や高度感を感じた場所があったのですが、今回のぼってみるとどこだったのか今いち分からなく、この1年いろいろな経験を積ませていただいたなーと思いながら楽しく登らせていただきました。
gozaisho01.jpg
[No.3339] 御在所岳 前尾根 マルチピッチクライミング練習

【日時】2013年11月17日
【メンバー】
AT(CL)、丸山 弘(SL)、辻 博史、高橋 秀治、粟田 直和、由良俊夫、高橋 幸三郎、豊山 忠   (計8名)
【行  程】
06:30、京都駅八条口集合〜8:30頃?藤内小屋〜9:30前尾根取り付き〜13:30頃?P2ヤグラ〜15:30藤内小屋〜京都

今回の動画

http://youtu.be/GLxBgBYbaWI

記録と感想【51期】AT

夏の終わりころ
上坂さんより「そろそろ前尾根が1本入っていたらいいんだがなあ。」と言われたので、そういうものかなあ、と思い少し遅かったが11月に例会を計画した。
いまさら前尾根で、誰か来る人があるだろうかと思うが、意外に新入会の人で登りたいという人がいるようで、リードやビレイヤーが足りなくなってしまう。
そこで先着順で足きりをしようかと考えていたが、辻さんや粟田さん、丸山さんが参加してお助けいただき、無事希望者全員が参加出来る運びとなった。
丸山さん辻さん粟田さん、お忙しいところ誠にありがとうございました。

11月17日
いつも通り八条口マクド前に集合。
自分は共同装備が重いなどを言い訳にして高橋幸三郎さんに家まで迎えに来ていただいたが、ついに噂のベンツが出てきた。
ベンツで自宅まで送迎してもらうということになって恐縮した。
8時頃?に登山口に着くと駐車場は満杯になっている。
かろうじて先行した粟田さんが押さえて下さっていた場所に駐車。
8時半頃?、藤内小屋に到着。
朝一であればワンちゃんが迎えに来てくれるはずだが、今日は遅いスタートなので迎えはなし。
9時半頃前尾根の取り付きへ到着。
登攀の準備にかかる。
下記のような編成で登った。
T:由 良
丸 山:高橋幸:辻
粟 田:豊 山:高橋秀
午後1時半頃、P2ヤグラまで登り、希望者だけヤグラに登った。
ヤグラの横から裏道まで下山。
後から聞くと山歩きに不慣れな豊山さんが下山に苦労されたとのことで、何か配慮があれば良かったかというところが反省点である。
gozaisho02.jpg

返りの車で高橋幸三郎さんが、春の御在所アイスクライミング例会にも参加してみたいと言う。
失礼ながら、年齢も年齢なのにホンマに元気な人やなあ、と思うが
「いやもうホントに冥土の土産だから」と、恐いことをおっしゃる。
お願いですから登ってる途中には逝かないで下さいよ。


【感想】53期 高橋秀治
「鈴鹿 御在所岳 前尾根 マルチピッチクライミング練習例会にリードして頂けるなら参加します。」と言って参加させて頂きましたが、前回は何もわからず参加し無我夢中で岩と取り組み気が付けば「ヤグラ」を登っていました。しかし、今回はビレイヤーと言う事で物事を理解すると怖くなるもです。
取り付から責任重大と思い、緊張で口の中がカラカラで粟田さんをビレーし、何とか「ヤグラ」まで登りきり一安心。しかし、高い所は怖い。なのに何故参加しているんだろうと自問自答しながらの山行きでした。
また、今回初めて前尾根に取り組まれた由良さん・高橋幸三郎さん・豊山さんが真摯に岩と向き合われている姿に、自分は口癖のように直ぐに「疲れた」と言ってしまい、反省の山行きでした。

【感想】56期 豊山 忠
マルチピッチが何なのかもよく分からないまま、参加させてもらい、うる覚えのエイトノットを優しい先輩たちに、直してもらいつつの岩登りとなりました。
今回、初心者で経験もほぼないのに、無理を通して連れていって下さった、リーダーTさんはじめ、諸先輩方、誠にありがとうございました。
簡単なコース、変わったコース、難しいコース色々展開するマルチピッチにすっかり魅了されました。岩場の高みに至ると、断崖絶壁なのになんだか落ち着いて、高所に慣れてくる感覚などは、新鮮です。まだまだ言葉では言い尽くせない魅力が、岩登りにはあるような気がします。
山登りと岩登りのまず徹底した安全管理の技術を身につけることから、やっていきたいと思います。

【感想】53期 辻 博史
今年の目標であった錫杖岳に登るための練習で登って以来、約1年ぶりの御在所でした。
以前の記憶では緊張した場所や高度感を感じた場所があったのですが、今回のぼってみるとどこだったのか今いち分からなく、この1年いろいろな経験を積ませていただいたなーと思いながら楽しく登らせていただきました。
今回もTさんの企画に乗っかるだけで恐縮です。
いつも色々と準備いただきありがとうございました。また、みんな怪我なく無事下山できてよかったです。ご同行いただいた皆様ありがとうございました。

【感想】 56期 高橋幸三郎

以前から御在所岳の前尾根へは登ってみたいと思っていましたので例会開催の
お話を伺い、喜び勇んで参加させていただきました。
一応、どんな所を登るのかは事前に頭へ入れておいたつもりでしたが、いざ取
り付いてみると初心者用コースとは言え、想像していたより遥かに難しく、
とにかく登る事だけに夢中になっていたようで、帰宅してから考えてもどこが
どうだったかさっぱり思い出せません。ただ前半、早々に現れたチムニーは極
めて印象的でした。小生、高い場所については全くと言ってもいいほど平気な
ものの、どうやら閉所恐怖症の傾向があったようで、チムニーの下部に入った
だけで恐ろしくて体が固まってしまう始末。当初は「こんな中を登るのは無理
かも?」とも思いましたが、結局は先輩諸氏に叱咤激励されて、どうにかこう
にか通過に成功。只、ここですっかり体力を消耗してしまったようで、ようや
くP2に到着いた頃には既にフラフラ状態になっていたため残念ながら「ヤグラ」
はパス、次回の楽しみに残す事となりました。と、言う訳で機会があれば是非
また再挑戦してみたいと思う次第です。またいつもながら手のかかる初心者の
世話をしてくださったCLのTさんを始め先輩諸氏の皆様、大変有り難うご
ざいました。
gozaisho03.jpg

スポンサーサイト
Genre : スポーツ 登山
プロフィール

kyotohira

Author:kyotohira
山好きの社会人で構成された山岳会です。近郊ハイキングから、アルプス縦走、沢登り、岩登り、植物観察、山スキー、トレイルランニングなどオールラウンドに楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。